ビジネスでも使えそうなきなこの名刺を作りたい

The following two tabs change content below.
さすらいのゆっこ

さすらいのゆっこ

性別:メス 元フルーツポンチズ 。うさぎ好きのアラサー。 普段はもっぱら葛湯と豆乳を愛飲している。

みなさん、こんにちは、お久しぶりです。このWEBサイト「KINAPONCH!きなぽんち」は、かれこれ2ヶ月以上放置され、危なく閉鎖するところでしたが、今回久々の更新になっています。今後はサボらないようがんばります。
ということもあり、「WEBサイト」や「ミニうさぎのきなこ」をよりPRしていこうと思い、今回は「きなこの名刺」を作ってまいります。
うさぎさんを飼っている方たちのイベントで名刺交換なんて憧れますが、たぶん配るのは普段あまり会うことのない「親戚くらい」でしょう。「4親等」くらいには渡ることを願いたいですね。ということでご覧ください。

ビジネスでも使えそうなきなこの名刺を作りたい

そもそも名刺って?

はっきりいって、私は「社会人経験がある」といっても名刺交換など頻繁にしてきた訳ではないです。しかし、なんとなく名刺がダサかったら「あーこの会社、この人と仕事して大丈夫かな?」名刺がイケてたら「信頼できそう」ってイメージを左右するような気がする。いや、知ってる、そんな単純ではないことは。とにかく今回はタイトルにあるようにビジネスでも使えそうな名刺にしたい。そういう漠然とした願望からスタートします。

ビジネスでも使えそうなきなこの名刺を作りたい、こんなことあるよねこのフリー写真素材をつかった資料がビジネスっぽい。

まずは名刺のダメな例

まずは、ダメだと思う名刺パターンをみていきましょう!(必要ないと思いますが、とりあえずボケたいのと。なにも考えないで作ってはダメだろうという例をあげたい)
ビジネスでも使えそうなきなこの名刺を作りたい 遊戯王カードそもそも明らかに名刺ではないですね。完全にモンスターカードですね。「究極最強」と言いつつ、攻撃力100の防御力0で効果カードでもない。顔を覚えてもらうにはいいかも知れませんね。しかし、ビジネスでは使えないですよね!

 

ビジネスでも使えそうなきなこの名刺を作りたい カードダスこれも名刺じゃない!SDガンダムが描かれた「カードダス」が元ネタですが、遊戯王のカードよりもわかりにくいというか記憶に薄いものだと思います。

 

ビジネスでも使えそうなきなこの名刺を作りたい ダメな例01前の2つのカードに比べると名刺らしいし、1周半回って別にいいような気がするという自己肯定したい気持ちは四次元に捨て去るとして…ここで「問題点」とぱっと思いつく「解決策」あげてみます。

・パッと見がさみしい
→「地色」「アクセントカラーを入れる」
・パッ見がダサい
→「フォントの統一・変更」「線など装飾変更」
・パッと見が読みにくい
→「字の行間・文字間の調整」「整列」
・パッと見が印象に残らない
→「顔写真を入れる」「印刷方法を変える」
・その他
→「裏面どうすんの?」「なにしてる人かいまいちわからない」「なにその星」「犬にもみえる」「捨てる」

以上の点を踏まえて、名刺に入れたい目的・内容を再度ちゃんと整理します。

 

ビジネスでも使えそうなきなこの名刺を作りたい ダメな例02ちゃんと整理せずやりなおしてもこんな感じ、デザインで迷ってしまいます。(たぶん私だけですけどね)

 

作りたい名刺の目的と意図をしっかり考える

ビジネスっぽいという漠然としたイメージはあるものの、ここで名刺を交換する目的と意図を初めから考えます。こんなものは適当でいいんですが、なるべく願望は出して損はない気がします。
名前・顔を覚えてもらって、「きなこいーじゃん×2、スゲーじゃん」って思ってもらい、ブログとか面白そうだなって思われて、サイトを見てもらったり、SNSで繋がってもらうためかな。まあ、さっと渡せるチラシみたいな役割とかの使い方も出来ます。
と、好き勝手、目的と意図を書きましたが、まあ、「私にはそんな名刺作れるかわからない(爆泣)」。一回で思い通りの名刺が作れなくても、また作り直せばいい。

目的と意図から考えられる名刺の内容
・所属
・名前
・会社名(サイトタイトル)
・所在地(サイトURL)
・顔写真
・SNSアカウント
(Instagramの名前、Twitterのアカウント)
・YouTubeのチャンネル
・サイトのPRポイント

入れたい内容を整理したら名刺のレイアウトを決めていきます。これだけの内容は名刺1面には入りきらないので、裏面に分けます。

ビジネスでも使えそうなきなこの名刺を作りたい 構成内容を整理し、大体のレイアウトはこちらで決まりました。再度デザインに入っていきましょう!

 

デザインを落とし込む 【表面】

まずは、表面から名刺のデザインに落とし込んでいきましょう。
ビジネスでも使えそうなきなこの名刺を作りたい ましな方まず整理した情報をレイアウトし、きなこの写真もWEBサイトのTOPイメージと同じにしました。だいぶすっきりとしたと思いますが、さらにWEBサイトURLやSNSアカウントを整理します。

 

ビジネスでも使えそうなきなこの名刺を作りたい 表面決定なぜか肩書きを「代表 ミニうさぎ」にしました。グローバルに「KINAKO」と英字表記を入れます。それからWEBサイト、SNSのラベルをアイコン表記にし、スッキリさせました。また、きなこの写真の大きさを抑え、背景にこれまたWEBのTOPイメージと合わせた黄色を丸くひきました。無難な感じですが、名刺の表面はこんな感じで完成です!

 

デザインを落とし込む 【裏面】

続いて、裏面のデザインに入っていきます。レイアウト構想ではサイトのPRを裏面に入れる予定でした。
ビジネスでも使えそうなきなこの名刺を作りたい 裏面QRこれはQRコード並べ過ぎっていうやつですね!「なんでもいいから見てみてね!」という投げやりなメッセージ!表面にもアカウント名は入れてるので省きましょう。SNSからのサイト流入も良いのですが、本来の目的としてはまずWEBサイトへの訪問なので少しでもサイトの内容を紹介することにします。

 

ビジネスでも使えそうなきなこの名刺を作りたい 裏面決定本来はもう少し具体的にサイトの魅力を紹介できた方が良いとは思うのですが…たとえばこんなカテゴリの記事があるよくらいで、WEBサイトがメインでPRしたいものということを出すことにしました!おまけに、YouTubeチャンネルもあることをアピール(これはたぶんコアな人しか見にいかないので締めるアクセントとして帯に入れました)こちらで裏面完成です!

 

きなこの名刺完成

ビジネスでも使えそうなきなこの名刺を作りたい 完成表面、裏面ともにデザインが完成したのであとはネット印刷にデータを入稿します。データの入稿が一番緊張しますが、仕事でもなんでもないので、失敗したらやりなおします。仕様は、両面カラー、180kg以上の紙質、100枚オンデマンドで発注しました。あとは完成を待つだけですね。

 

◼️おわりに

はい、今回は「ビジネスでも使えそうなきなこの名刺を作りたい」ということで名刺を作ってみました。目的を出すときも触れましたが今回、1度作った名刺を実際に人に渡して話してみて印象など聞いたり、名刺を見ながら意外と話しが膨らまないとか、この要素を無くして違う要素を入れようとか課題点や改善点が見えてくると思います。その時ブラッシュアップすればよいですね。たぶん納品される名刺の黄色の発色よくない問題はあるでしょうし調整は必要だと思います!
ぜひどなたかと名刺交換できる日があればと思います。もちろん残念なことに、きなこ本人は名刺交換はできないので、飼い主のわたしが。。ではまた!

広告