夢見ヶ崎動物公園へ行ってきた

The following two tabs change content below.
うさぎ素人:田口

うさぎ素人:田口

北海道出身。音楽が好きで夢は武道館に立つ事。 KINAPONCH!では、うさぎはもちろん、ペットを飼った事がないが動物園や水族館などのうさぎがいる場所をレポートします。
うさぎ素人:田口

最新記事 by うさぎ素人:田口 (全て見る)

どうもお久しぶりです。主にうさぎのいる動物園を紹介している田口です。
これまでに、羽村市動物公園おびひろ動物園上野動物園甲府市遊亀公園附属動物園井の頭自然文化園など、うさぎがいる動物園などを紹介してきました。よろしければそちらもご覧ください。

さて、今回は神奈川県川崎市にある「夢見ヶ崎動物公園」に行ってまいりました!
その模様を紹介します、ご覧ください。
 

夢見ヶ崎動物公園へ行ってきた

◼️動物公園へ向かう

夢見ヶ崎動物公園へ行ってきた_新川崎駅夢見ヶ崎動物公園は神奈川県川崎市にあり、JR横須賀線の「新川崎駅」JR南武線の「鹿島田駅」が最寄駅となっていました。地域としては日吉地区になるようですね。
 

夢見ヶ崎動物公園へ行ってきた_地図私は「新川崎駅」から向かいました。徒歩15分ほどでしょうか。地図があってもなお私は迷いました笑
 
夢見ヶ崎動物公園へ行ってきた_階段動物公園に向かう道は階段となっていました(私が選んだ道は)。異世界へ向かっているのではないか(異世界と言ってもラノベっぽいのではなく、水木しげるっぽい異世界)少し怖かったです。
 

夢見ヶ崎動物公園へ行ってきた_お寺標高は35mの加瀬山という丘を階段で登るといきなりお寺でした。霊園でした。「あれ?動物公園は?」と不安な気持ちになりました。しかも公園内には3つも神社があるという神聖な地である。
 

夢見ヶ崎動物公園へ行ってきた_古墳そして広場は古墳跡。11基あったそうですが、今は7基残ってるそうです。歴史を感じます。テントを立てたりレジャーシートを広げるファミリーが多くいました。
 

夢見ヶ崎動物公園へ行ってきた_慰霊塔それに戦没者慰霊塔もある。シリアスな気持にならざるおえない。
 

夢見ヶ崎動物公園へ行ってきた_由来夢見ヶ崎という地名の由来がかかれている…「夢で築城をあきらめた」という、なかなか潔い決断である。なかなか見所がありすぎて動物公園になかなかたどり着けない。
 

夢見ヶ崎動物公園へ行ってきた_トーテムポール夢見ヶ崎動物公園入り口。トーテムポールがかわいい。この動物公園は川崎市の管理で入園料は無料である。
 

夢見ヶ崎動物公園へ行ってきた_案内図文字を必要としない案内図。色褪せ具合が歴史を物語ってますね。しかし、入り口からワクワクしてきました。いったい、どんな動物に会えるのか。
 

◼️動物を見ていきましょう

・シセンレッサーパンダ

夢見ヶ崎動物公園へ行ってきた_シセンレッサーパンダ木登りをしたり、ウロウロと葉を食べてました。この日は暑い日でしたので暑さが苦手なレッサーたちですが元気そうでした。シッポがめちゃフサフサ。
 

・マーコール

夢見ヶ崎動物公園へ行ってきた_マーコール大きいヤギの仲間「マーコール」は換毛期でしょうか?夏毛になるのかな。毛がボサボサと短い感じでした。
 

・ヤマシマウマ/ニシトビ

夢見ヶ崎動物公園へ行ってきた_ヤマシマウマ/ニシトビ暑いのか遠くで待機しているシマウマ。トンビはシュッとしていてカッコいい、オールバックの女性でいますよね、こんなかた。
 

・カミツキガメ/チリーフラミンゴ

夢見ヶ崎動物公園へ行ってきた_カミツキガメ/チリーフラミンゴ相変わらず強ワルそうな水棲の外来種カミツキガメ、おとなしかったです。フラミンゴたちは餌に夢中かな。
 

・クサガメ

夢見ヶ崎動物公園へ行ってきた_クサガメ皆で日向ぼっこをするクサガメたち。
 

・フンボルトペンギン

夢見ヶ崎動物公園へ行ってきた_フンボルトペンギン暑い日でしたが、ペンギンたちは地上で鳴いたりしてました。
 

・ラマ

夢見ヶ崎動物公園へ行ってきた_ラマおとなしそうですが顔が不機嫌にも見えるラマ、いきなり唾を飛ばしてこないかな?
 

・ホンシュウジカ

夢見ヶ崎動物公園へ行ってきた_ホンシュウジカオスは角が毎年生え変わるというホンシュウジカ。ムシャムシャ食べてる子と目が合いました。
 

・ボリビアリスザル

夢見ヶ崎動物公園へ行ってきた_ボリビアリスザル色が鮮やかな網に捕まり、とても近くで見れました。落ち着きのない素早いこどもって感じです。
 

・ワオキツネザル

夢見ヶ崎動物公園へ行ってきた_ワオキツネザル白黒の縞模様の尻尾「輪」「尾」からその名が来てるそうです。とことこと歩いていました。
 

・ブラウンキツネザル

夢見ヶ崎動物公園へ行ってきた_ブラウンキツネザルこの子もまた一段と尻尾が長いですねー。まさにマダガスカル顔?でした。
 

・アルダブラゾウガメ

夢見ヶ崎動物公園へ行ってきた_アルダブラゾウガメ夢見ヶ崎動物公園は、亀の種類が多くいるようで、その中でもめちゃくちゃデカイ亀でした。甲羅120cm、体重300kgにもなるそうです。
 

◼️動物さんを見ていきました

夢見ヶ崎動物公園へ行ってきた_スタンプということで動物さんを見ていきました。さて、記念のスタンプを押して帰りましょうか。
 

ん?あれ?
「うさぎ」がいない?
 

夢見ヶ崎動物公園へ行ってきた_展望台うさぎがいないじゃないかー!!(展望台より。晴れた日は富士山も見えるとのこと)
もちろんあえて記事の最初から触れていなかった「うさぎはいないという現実」。
 

夢見ヶ崎動物公園へ行ってきた_うさぎ入り口の案内図にだって「うさぎ」が描かれている。
 

夢見ヶ崎動物公園へ行ってきた_うさぎなんかシュッとした「うさぎ」のまたがって遊べるものはある。
 

夢見ヶ崎動物公園へ行ってきた_案内図恐らくかつては、うさぎさんもいたのでしょう。モルモットやプレーリードッグ、ハイラックスなどはいましたね。
 

◼️おわりに

ということで今回は「夢見ヶ崎動物公園へ行ってきた」をお送りしました。
残念ながら、うさぎさんはいませんでしたが、のんびりと公園内を散歩したり動物さんたちをゆっくりみることができました。よろしければ、ぜひ行ってみてくださーい。
では!

広告